不動産投資のメリット

キョウコです。

今回は不動産投資について少し書いてみたいと思います。

不動産投資は、自分がその物件に住むのではなく、他人に貸して家賃収入を得ることを目的としています。

最近は、会社に勤めながら不動産投資を行なっている方も多いのですが、そのメリットを挙げたいと思います。

家賃収入を得る

不動産投資を行う最大のメリットは、会社の給与以外に家賃収入がもらえることでしょう。

これはもちろん、自分の物件に住んでいる方が支払う家賃のことです。

あなたの物件に入居者がいる限り、基本的には毎月ほぼ一定額の家賃収入が入ってきます。もちろん、そこから管理会社への経費や、借入を行なっている方は返済を行う必要がありますが、それを差し引いた分はあなたの収入です。

これはあなたが働かずに生まれる収入なので、いわゆる不労所得と言えるでしょう。

将来の不安が軽減される

今は、コロナウイルスの影響もあり、倒産する会社や解雇等が増えています。

今はまだ影響が少ないという方でも、この先どうなるのかという経済的な不安を抱えているのではないでしょうか?

そういった状況では、会社からの給与収入以外の収入源を確保することで、心の安定に繋がると思います。

不動産投資も新しい収入源の1つとして、多くの人が取り組んでいます。

家族との時間が増える

不動産投資は、管理や集客を不動産会社にお願いすることもできます。

当然その分経費は発生しますが、自分でやることが少なくなるため、時間に余裕があります。

もし、不動産投資がうまくいけば家賃収入だけで生活していくことも可能ですので、家族との時間も多くなることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、不動産投資のメリットについて書いてみました。

新しい収入源を検討している方は参考にしてみてください。