「RC、SRC、鉄筋、木造」物件構造の種類を紹介!

出典:イラストAC

キョウコです!

第2回目は物件構造の種類についてです。

物件を選ぶ際、構造にまで目を配っている人は少ないと思います。構造とは賃貸サイトでもよく見かけるRCやSRCのことです。

間取りや賃料も大事ですが、建物の構造も同じくらい大切です。

今回は構造の種類と特徴を紹介していきますね!

建物構造の種類と特徴

種類は大きく分けて「木造、鉄骨、RC、SRC」の4種類です。

木造

昔ながらの木材で作られた物件です。最近は数が減りましたが賃料が安いので、まだまだ人気があります。

デメリットは遮音性の低さでしょうか。神経質な方にはおすすめできません。

鉄骨

柱や梁といった骨組に鉄骨を使用した物件です。骨組み以外は木材が使われることが多いです。メリットは木材の次に賃料が安い点です。

デメリットは遮音性かと思います。木造よりは音が漏れないのですが、他の構造と比べると壁が薄い物件が多めです。

RC

1番人気の構造です。骨組みは鉄筋を使用して床や壁にコンクリートを流し込んだ物件です。

メリットは優れた遮音性と耐火性です。騒音で悩みたくない方は迷わずにRCを選びましょう。

また、デメリットは賃料が高いことです。建築コストがかかるので賃料は高めの物件がほとんどです。

SRC

SRCは全ての構造の中で耐震性、耐火性がトップクラスです。

もちろん遮音性も高く、快適さを求める方はSRCで間違いないですね。

デメリットはやはりお値段です・・・。家賃の高さは全ての構造の中で1位です。

 

以上4つの構造でした。

どの構造にもメリット・デメリットがあります。ピッタリの構造を選んでくださいね。